Blog HOME 祈りのセラピー申し込み 祈りのセラピーとは 会員制度について プレバランスHOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラ出血熱へのメッセージ

数日前にエボラ出血熱の治し方のメッセージを大天使プレマから受け取ったので紹介します。

まず伝えたいのはエボラウイルスなどが人間に感染する理由は、彼らの環境に人間が踏み入ってきたためなんだと言うこと。
つまり、ウイルスは寄生する動物がいないと絶えてしまう。人間がジャングルの開発を進めウイルスが寄生する動物を減らしてしまったために彼らは人間に寄生するようになったということだ。

次にウイルスの増殖を防ぐ方法だが、それは細胞内でウイルスのコピーを防ぐことといえる。
ウイルスとは生物でなく情報なのである。細胞内でこのエボラウイルスの情報をコピーするシステムは酸素の電子スピンと関係している。
右回転のスピンが情報のコピーをするものであり、左回転のスピンが情報の削除を促すものである。

細胞は増殖と破壊(アポトーシス)を繰り返しているがガン細胞は破壊されず増殖ばかりを繰り返すことで全身に転移していく。
ガン細胞もエボラウイルスも増殖の原理は同じで左回転のスピンより右回転のスピンが優位となり増殖していく。

つまり、エボラウイルスの感染を防ぐためには左回転のスピンを優位、または左右のスピンの回転のバランスを取ればよいわけである。

続きはユーザーサイトで説明します。

スポンサーサイト

エボラ出血熱と遠隔治療

エボラ出血熱がパンデミックの可能性があります。
今の医療では対応できない状況にあります。

まずはエントロピーの法則で何度も書いていますが今世界は「グローバル化」を進めていますが、それはエントロピーの増加となりますので「崩壊」に向かいます。

エネントロピーとは「混ざり合うこと」です。
コーヒーにミルクを入れると徐々にカフェオレ状態になります。
グローバル化とは、まさにカフェオレ状態に広がっていくことですね。
世界が一つになるなんて良いことではないのです。

日本にもたくさんの人種や食物、文化、宗教、言語が混ざり合ってきました。
国際化してきたなんて喜んでいる人は何もわからない人たち。(特に政治家)

これにより秩序が乱れ混乱していきます。
病気や犯罪がドンドン増えていきます。
日本はどんどん欧米化してきて幸せな国になったでしょうか?

話をエボラ出血熱に戻します。
数年前の豚インフルエンザを思い出してください。
メキシコで起こった豚インフルエンザはアッというまに全世界にパンデミックしていきました。
豚インフルエンザというミルクはアッという間に全世界をカフェオレ状態にしました。
幸い豚インフルエンザは弱毒性だったから良かったですが、これがエボラ出血熱のパンデミックとなると事態は深刻です。
豚インフルエンザを通じて世界が混ざり合っている状態(エントロピーが高い状態)であることが確認できたわけです。

イギリスなどが西アフリカへの渡航を制限しています。
つまり、「混ざりあわない」エントロピーの低い状態を作ろうとしています。

とても簡単なことです。
グローバル化をやめることでエントロピーは下がるのです。
このようなエントロピーの増大病気に限ったことではありません。
例えば原発の放射性廃棄物もそうです。
TPPもそうです。
広がってしまうと社会は混乱します。

続きは下記のユーザーサイトのBBSをご覧下さい。

ユーザー BBS



★★ 水戸オフィスのご案内 ★★

水戸オフィスへのアクセス

スタッフのブログ


天使との交信装置
カテゴリ
ブログランキング

ブログに共感いただけたなら、ぜひクリックお願いします!

ブログの記事や画像等の無断転載・転用はお断りいたします。
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
★★★ 会員登録★★★

★メール会員登録(無料)
縁結び・占星術・科学風水などの情報をお届けします。

プレミアム会員登録解説

★プレミアム会員(シルバー会員)
有料会員
プラチナ会員情報やプレミアム通販などの特典がいっぱい。

★LINE会員登録(無料)
LINE ID :@prebalance
QR
リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。