Blog HOME 祈りのセラピー申し込み 祈りのセラピーとは 会員制度について プレバランスHOME

謝恩石の神事

10月18日は常陸国出雲大社の「謝恩石の神事」に出席してきました。
1445592925704.jpg
この行事は春季大祭のお土とりでいただいた神殿の土を土地にまき
秋まで何事もなく過ごせたことを神様に感謝して想いを込めた石を奉納する神事です。

私もこの石を奉納しました。(なんかカワイイでしょ)
1445592900332.jpg

神事のあとの宮司の講話にありましたが
継続は力なりと言いますが、神様から守っていただくためには「苦しいときの神頼み」ではダメなんです。
普段から定期的に訪問し、神様との深い絆(霊道)を作っておかないと・・・

我々だってそうですよね。
いつも好意にしている親しい人の頼みを優先しますからね。

今回の神事では「巫女舞」が初披露されました。
巫女さんが鈴を持って太鼓に合わせて踊るので、とても素敵でした。

龍蛇神社の祠を背にして祈祷しています。
これは、龍蛇神の気配を感じたので写真に写っていただくようにお願いしているところです。
残念ながら写りませんでした。
またチャレンジしたいと思います。
1445592959186.jpg


エントロピーと風水

私が目指している理想の住環境とは「エントロピーの低い家」です。
ですから風水を考える場合にこの「エントロピー」をどう下げるかということに力を注ぐわけです。
前回話しました「龍」もこのエントロピーの低い環境を好みます。

エントロピーが高い住環境とは、腐敗、酸化、老化、錆びるといった劣化の方向に加速しやすいということです。
ですから、エントロピーが低い住環境とは、その逆の蘇生や若返りなどの環境と言えます。
もっと言えば、「時間の経過の低い家」「時間がゆっくり流れる家」なんです。
そこに龍を呼び込めば「運気」があがります。
つまり浦島太郎の「竜宮城」のような住環境を目指しているってことですね。

エントロピーを低くするとは「時間を遅くすること」です。
老化や腐敗しやすいとは、時間の進む速度が速い空間ということです。
老けづらい、腐りにくいということは時間がゆっくり流れていることになります。

そのような時間がゆっくり進む家が私の目指す風水住宅なんです。
どうすればそのような環境が作れるの詳しくは、11月の開運講座で解説します。
開運講座は下記をご覧ください。

第6回開運講座

龍がお友達であること

龍がお友達なんていったら笑われるかな。
引かれるか?笑

龍ってのは、龍君という人ではなくドラゴンです。
いつからだろう・・・
彼の存在を意識したのは

11月に常陸国出雲大社で開運講座をやりますが、今回のテーマは風水やパワースポットなんですがこのテーマには「龍」が深くかかわってきます。
だから、龍について詳しく話さないとならないかと思っています。

最近、その龍君からメッセージが届いて「今度の講座のときに私の写真をとって見せてもいいよ」っていうのです。
それは「パワースポットってのは、私の居る場所なんだ」というのです。
ゼロ磁場だとかいう人たちが言いますが、地磁気測定器で測定するとぜんぜんゼロ磁場じゃなかったりする。

さて、いつその写真をとってこようかと考えている。
10月18日に謝恩石の神事というのが出雲大社であるので、そのときにでも撮ってこようかな。

風水師の条件は、龍とお友達であるかってことが重要です。
だって、「風水は龍を家に招き入れ、留める技術」なんですからね。
★★ 水戸オフィスのご案内 ★★

水戸オフィスへのアクセス

スタッフのブログ


天使との交信装置
カテゴリ
ブログランキング

ブログに共感いただけたなら、ぜひクリックお願いします!

ブログの記事や画像等の無断転載・転用はお断りいたします。
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
★★★ 会員登録★★★

★メール会員登録(無料)
縁結び・占星術・科学風水などの情報をお届けします。

プレミアム会員登録解説

★プレミアム会員(シルバー会員)
有料会員
プラチナ会員情報やプレミアム通販などの特典がいっぱい。

★LINE会員登録(無料)
LINE ID :@prebalance
QR
リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: